産後の症状でお悩みの方へ

産後の症状によくある症状

  • 出産前の体型に戻すことができない

  • 出産してから腰が痛むように
    なった

  • 育児に追われていて疲れが抜けない

  • ふとした時に尿漏れが起こって困る

産後の不調には産後骨盤矯正がおすすめです

女性にとって出産は人生の中で、もっとも大きなイベントの1つです。

大きくなっていくお腹によって妊娠前とは身体のバランスも、

ホルモンのバランスも違ってきます。

また、出産後には昼も夜もなく、育児に追われることとなります。

そんな出産後の女性は、さまざまな身体的トラブルにみまわれる可能性があります。

もし、出産後に何らかのトラブルがみられるような場合、

産後骨盤矯正が有効かもしれません。

産後の不調にお悩みの方はご一読ください。

産後の症状でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

産後に骨盤がゆがんだり骨盤底筋群がゆるんだりする原因

出産にともなって、骨盤がゆがんだり、骨盤底筋群と呼ばれる筋肉が緩むといったことも挙げられます。

それによって、産後の女性はさまざまな身体的トラブルにみまわれる可能性があるのです。

では、なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

 

【産後に骨盤がゆがんでしまう原因】

 

妊娠中にお腹が大きくなるにつれ、骨盤も徐々に開き始めます。
それは、生まれてくる赤ちゃんが産道を通る際に、骨盤が開いていないとスムーズに出てこられないためです。

出産後、開いた骨盤は徐々に閉じていきますが、その過程において骨盤がゆがんでしまう可能性があります。

 

その原因としては、次のようなことがあげられます。

 

◆ホルモンバランスの変化

妊娠した女性の身体に起こる大きな変化の1つが、ホルモンバランスの変化です。
特にリラキシンと呼ばれるホルモンが分泌されることで、女性の骨盤を結合させている靱帯がゆるみ、徐々に骨盤を開いていきます。
出産後には再びホルモンバランスが変化して、徐々に緩んだ骨盤を閉じていくこととなるのですが、骨盤にかかる負荷によって、元通りに戻っていかない可能性があるのです。

 

◆育児にともなう筋緊張

生まれたばかりの赤ちゃんには昼と夜の区別がなく、育児においては生活リズムが乱れることは多くあります。
そのため筋肉の疲労が蓄積して硬くなることで、痛みの症状だけでなく骨盤のゆがみにつながることが考えられます。

 

◆不良姿勢

赤ちゃんのお世話をする場合、下を向くことが必然的に多くなります。
そのような姿勢を多く取ることで猫背気味になり、骨盤もゆがんでしまうのです。

 

 

【骨盤底筋群がゆるむことで起こる症状】

 

骨盤の底にはハンモックのように骨盤底筋群と呼ばれる筋肉が横たわっています。

出産にともない、骨盤底筋群がゆるむことで、次のような症状が出やすくなります。

 

◆腰痛

骨盤とともに、骨盤底筋群は縁の下の力持ちとして体幹を安定させています。
そのため、骨盤底筋群がゆるむと、体幹のバランスが崩れ、腰痛を発症しやすくなります。

◆尿漏れ

排尿のコントロールも骨盤底筋群の働きの1つであるため、筋力の低下によって尿漏れのリスクが増します。

◆消化機能の低下

骨盤底筋群は内臓を下から支えているため、筋力の低下によって消化機能の低下がみられることもあります。
また、これらの症状を併発する可能性もあります。

産後骨盤矯正で出産後に起こる不調を改善・予防しよう

出産後の女性には、骨盤バランスの悪化だけでなく、筋緊張にともなうさまざまなトラブルのリスクがあります。

そのようなリスクを回避したり、改善したりするときにおすすめの施術が産後骨盤矯正です。

 

【産後骨盤矯正について】

 

◆産後に特化した骨盤矯正のこと

産後骨盤矯正はその名の通り、産後に特化した骨盤矯正を意味します。
産後の女性の骨盤は、徐々に閉じていく過程にあります。
そのため、施術も慎重におこなう必要があるのです。

 

◆産後骨盤矯正を始める時期

施術の開始時期は整骨院・接骨院によってさまざまですが、一般的には自然分娩の場合で産後1ヶ月から、帝王切開の場合で産後3ヶ月から施術を開始するケースが多いとされています。

 

◆産後は身体のゆがみをリセットするチャンス

産後骨盤矯正を行う理由として、出産後は身体のゆがみをリセットするチャンスであることがあげられます。
産後の女性の身体は、いい刺激も悪い刺激も受け入れやすい状態となっています。
そのため、産後骨盤矯正による身体にとって好ましい刺激を与えることで、身体のゆがみをリセットし、不調を取り除くことが期待できるのです。

 

◆産後骨盤矯正を行うことのメリット

●不調の改善

出産後には腰痛だけでなく肩こりや頭痛のリスクも増しますが、施術によって骨盤のバランスが整うことで、そのような不調の改善効果が期待できます。

●姿勢の改善

産後骨盤矯正を行うことで、全身のバランス状態を整え、姿勢を改善することが期待できます。

●疲労の回復

施術によって血液の循環が増すと、全身の栄養状態が良くなり、疲労を回復させることにもつながります。

 

 

【自分で行える対処法や予防法】

 

骨盤のゆがみを予防し、不調を改善するためには、自宅でのケアも重要です。

 

◆ストレッチ

骨盤周囲の筋肉が硬くなると、骨盤のゆがみだけでなく、腰痛や肩こりのリスクも増します。寝る前に布団にあおむけになり、両手で膝を抱えるようにして、お尻周りをストレッチしましょう。

 

◆入浴

身体を温めることで、筋肉を緩め、血行を促進することが可能です。
それによって睡眠の質を高め、疲労を回復させることが期待できます。

 

腰痛治療院 恩【産後の症状】アプローチ法

待望の赤ちゃんの誕生、でも身体にさまざまな痛みが出てきて……という女性は少なくありません。

出産は大仕事です。

そのうえ赤ちゃんの子育ては体力的にも精神的にも大変ですから、お母さんの身体は多くの無理をしています。

そのため、腰痛、背中の痛み、手の腱鞘(けんしょう)炎、肩こり、ひざの痛み、尿もれなど、さまざまな症状があらわれるのです。
痛みや違和感はないけれど、赤ちゃんを抱っこして猫背になったなど、姿勢が悪くなったという方もいます。
こういった症状は早期に改善すればするほど、早く治ります。
また逆に忙しく、つい無理をしてしまい、悪化してからでは少し時間を要します。

 

当院に来院される方でも日々の忙しさから無理をしてしまい、悪化してから来院される方は決まって「もっと早く来ればよかった」と嘆かれている方を多く見かけます。

また当院では、マンツーマン施術ですので、基本的に個室に施術者と患者様のみとなりますので、周りを気にせず、ベビーカーを横に置いての施術も可能です。

ご夫婦でご来院いただき、施術中赤ちゃんを抱いたまま付き添っていただいても大丈夫です。

産後の身体の痛み、違和感をお持ちの奥様、無理をせずに早いうちに、ぜひ一度ご相談ください。

また産後骨盤矯正のページにてご自宅で簡単に出来る産後のトレーニングもお伝えさせていただいておりますので、そちらもご参照いただければ幸いです。

著者 Writer

著者画像
院長:竹内 剛
(たけうち ごう)
取得国家資格:柔道整復師、鍼灸師

取得資格:日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(合格率10%ほどの難関資格)、
登録販売者(医薬品の95%の販売を行うことが出来ます)、
巻き爪認定セラピスト

趣味:食べ歩き、マンガ(抑制中)

得意な施術:腰痛、スポーツ外傷、肩の疾患(五十肩等)

ご来院される方へ一言:スポーツ障害はお任せください!!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:腰痛治療院 恩-ON-
住所〒120-0034 東京都足立区千住3-35 ベル・ハイツⅡ 1階(千寿本町小学校前)
最寄:JR常磐線 北千住駅 西口から徒歩4分
地下鉄日比谷線 北千住駅 西口から徒歩4分
地下鉄千代田線 北千住駅 2番出口から徒歩4分
駐車場:無し(近隣にコインパーキング多数有り)
                                                                   
受付時間 日・祝
10:00~19:00

(19:00最終受付)
※予約優先制
定休日:無休(お盆・年末年始以外営業)

腰痛治療院 恩-ON- SNSアカウント運営中!

腰痛治療院 恩-ON- SNSアカウント運営中!

腰痛治療院 恩-ON-
フォローお願いします!

  • お得な情報配信中!
  • サービスのご案内などもしています
  • キャンペーン情報いち早くゲット!