スポーツ外傷

当院にスポーツ外傷で
来られる方の悩み

  • 運動をする時にいつも同じ場所が痛む

  • 繰り返すケガをなんとか予防したい

  • ケガをした時の応急処置を教えてほしい

  • ケガをしないためのコツを知りたい

スポーツ外傷とは?スポーツ障害との違いや応急処置

スポーツをしているとケガは付き物だと思いますが、実は、スポーツにともなうケガには2つの種類があります。

当院の院長は、サッカーJリーグの元チーフトレーナーであり、PGA(日本プロゴルフ協会)公認のトレーナーでもあります。

その経験から、スポーツにともなくケガについて解説します。

 


【スポーツ外傷とは?】

 

スポーツをしているときのケガの代表的なものがスポーツ外傷です。

では、スポーツ外傷とはどのようなケガのことを指すのでしょうか。

 

◆運動中の不慮のケガ

スポーツ外傷は簡単に言うと、運動中に起こる不慮のケガのことを意味します。

注意していれば防げるようなケガではないことがほとんどです。

 

◆筋肉や靭帯の損傷が起こる

ケガといった場合、擦り傷や切り傷をイメージされる方もいらっしゃると思いますが、スポーツ外傷の場合、一般的に筋肉や靭帯の損傷を意味します。

 

◆スポーツ選手にだけおこるものではない

スポーツ外傷は運動をしている人も多く見られることからその名前が付けられていますが、一般の方であってもスポーツ外傷に分類されるケガを負うことがあります。

例えば、バスケットボールやバレーボール選手に多く見られる足関節捻挫(そくかんせつねんざ)などは、日常生活において誰でも発症する可能性があります。

 

【スポーツでケガをしてしまう原因】

 

スポーツ外傷は不慮のケガであることから予測することが難しいですが、スポーツ外傷のリスクを高めてしまう原因はいくつかあります。

 

◆準備不足

運動をする前にウォーミングアップを怠るなどすると、筋肉に負荷がかかったときに筋繊維の断裂を起こしやすくなり、スポーツ外傷のリスクが高まります。

 

◆身体のバランス状態の悪化

骨盤がゆがむなどして身体のバランスが崩れていると、思わぬところで転倒するリスクがたかまり、スポーツ外傷を受傷しやすくなります。

 

◆未熟

競技になれていない場合、スポーツ外傷を受傷しやすくなります。

 


【スポーツ外傷とスポーツ障害】

 

スポーツ中のケガは、大きく分けて上述のスポーツ外傷と、スポーツ障害とに分けられます。

スポーツ外傷が不良のケガであるのに対し、スポーツ障害は繰り返される筋肉や靭帯への負荷によって生じます。

代表的なスポーツ障害としては、野球肩やテニス肘、ランナー膝などがあげられます。

 

◆中高年・こどもにおこりやすいスポーツ外傷

スポーツ外傷の原因の1つに、競技の未熟さがあげられています。

そのため、運動を始めたばかりの中高年や子供の場合、スポーツ外傷のリスクが高くなります。

 

◆中高年・こどもにおこりやすいスポーツ障害

中高年に起こりやすいスポーツ障害としては、ランナーによく見られる足底筋膜炎やランナー膝などがあげられます。

子供に多く見られるスポーツ障害としては、野球肩や野球肘、膝蓋腱炎などがあげられます。

 

【ケガをしたらまずはRICE処置を!】

 

スポーツ中にケガをした場合、病院へ行く前の応急処置が重要です。応急処置としてはRICE処置が一般的です。

◆R:Rest(安静)

ケガをしたらまず安静にするのが一番です。

動き回ると余計に炎症が広がり、症状の悪化につながります。

◆I:Ice(冷却)

ケガをした場所を冷やすことによって、痛みを和らげることが可能です。

◆C:Compression(圧迫)

弾性包帯などで患部を圧迫することで、痛みの緩和効果と安心感が得られます。

◆E:Elevation(挙上)

患部を心臓よりも高い位置に保定することで、炎症の拡大を抑えることができます。

 

スポーツ中のケガへの対処法や予防法について

スポーツにけがは付き物だからと言って、「仕方がない」で済ませてはいけません。

適切な処置を怠ると治癒の遷延につながるだけでなく、再発リスクも高くなります。

そこで、ケガをした場合の対処法や予防法について紹介したいと思います。

 


【スポーツ外傷への対処法】

 

スポーツ外傷を負った場合、応急処置をおこなったのち、しかるべき施設で見てもらうことが重要です。

 

◆RICE処置をおこなう

スポーツ中にケガをしたら、何はさておきRICE処置をおこなうことが重要です。

それによって、ケガからの回復を早めることが期待できます。

 

◆医療機関や整骨院を受診する

応急処置を施したらそれで終わりではなく、速やかに医療機関や整骨院を受診し、適切な処置をしてもらいましょう。

 

【スポーツ障害への対処法】

 

スポーツ障害はある意味慢性的なケガですが、だからこそ適切な対処が重要となります。

 

◆運動後はアイシングをおこなう

スポーツ障害の場合も、運動後にアイシングをおこなうことで、疼痛の緩和と炎症の拡大抑制が期待できます。

スポーツ外傷のように長時間おこなうのではなく、運動後に15〜20分程度おこなうとよいでしょう。

 

◆施術を受ける

スポーツ障害がある場合、整骨院で施術を受けるのがおすすめです。

整骨院にはスポーツ経験者が多く、1人1人に合った施術を提供できます。

 

◆休む時にはきっちり休む

スポーツにおいてもっとも避けたいことが、ダラダラと長い時間練習することです。

特に日本のスポーツ現場では、海外と比べて長時間練習する光景が目立ちます。

指導者の中にはいまだに根性論を選手に押し付ける人もいますが、「休むのも練習の内」と考えることが重要です。

 


【スポーツ外傷やスポーツ障害の予防法】

 

スポーツにともなうケガを避けるには、スポーツ前後のケアが重要です。

 

◆ウォーミングアップをしっかりおこなう

身体が温まっていない時にいきなり運動するとケガの元です。

運動前にはしっかりウォーミングアップをおこないましょう。

 

◆クールダウンをおこなう

筋肉の回復を早めるため、運動後にはストレッチをおこないましょう。

 

腰痛治療院 恩【スポーツ外傷】アプローチ法


捻挫や打撲、靭帯損傷、腱鞘炎等のリハビリや急性期のケアから慢性的な痛みまでお任せ下さい。

 

Jリーグチームでのトレーナー業務にてケガをした直後のケアからリハビリまで全てを担当しておりました。

 

よく患者様から聞かれることとして、

温めた方が良いのか冷やした方が良いのか、わからないということをお聞きします。

基本的には捻挫等であればケガをした時から3日ほどは炎症期のため冷やして、その後からは温めるように促します。

ただケガの程度等で7日ほど炎症期の方もいらっしゃいます。

お風呂等で温めてジンジンと痛みが強くなる時は炎症がまだある時です。

その場合は冷やすように心がけてください。

逆に温めると楽になったり気持ちが良いと感じるようであれば、炎症は落ち着いておりますので、温めて血行を促進するように心がけてください。


また捻挫をした日や次の日など炎症が強く出ている時は出来るだけお風呂も控えるようにして下さい。

血行が促進されて腫れが強く出たりする恐れがあるからです。

どうしてもという場合はぬるめのシャワーですませると良いです。

スポーツ外傷の場合は急性期のケアでその後の回復度合いが大きく変わりますので、

出来るだけ早くみせていただけると良いかと思います。

よくある質問 Faq

  • スポーツ外傷は予防できないのですか?
    スポーツ外傷は不良のケガであることが多いですが、準備次第で予防可能です。
  • スポーツ障害は筋トレをすれば治りますか?
    適切に休息をとることも重要です。筋トレだけで治せるわけではありません。
  • 捻挫がクセになるって本当ですか?
    はい。適切な処置を施さなかった場合、足関節が不安定になります。
  • テニス肘は運動をしなくてもなりますか?
    はい。重い荷物を持つ仕事や家事などで発症するケースがあります。
  • スポーツにともなうケガは付き合うしかないですか?
    いいえ。初期対応を誤らず、しっかりと施術を受けることで完治が期待できます。

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:腰痛治療院 恩-ON-
住所〒120-0034 東京都足立区千住3-35 ベル・ハイツⅡ 1階(千寿本町小学校前)
最寄:JR常磐線 北千住駅 西口から徒歩4分
地下鉄日比谷線 北千住駅 西口から徒歩4分
地下鉄千代田線 北千住駅 2番出口から徒歩4分
駐車場:無し(近隣にコインパーキング多数有り)
                                                                   
受付時間 日・祝
10:00~19:00
最終受付
(それ以降は応相談)
-
※予約優先制 定休日:火曜日(日曜・祝日営業)

腰痛治療院 恩-ON- SNSアカウント運営中!

腰痛治療院 恩-ON- SNSアカウント運営中!

腰痛治療院 恩-ON-
フォローお願いします!

  • お得な情報配信中!
  • サービスのご案内などもしています
  • キャンペーン情報いち早くゲット!