女性に多い腱鞘炎!

/

その他

女性に多い腱鞘炎!

 

こんにちは!腰痛治療院 恩-ON- 院長の竹内です!

今回は腱鞘炎についてお話します。

皆さんも一度は耳にしたことがありますよね。

手や指に多く、日ごろからよく指を使用する方がなりやすくなっています。

また特に妊娠や出産、更年期などホルモンバランスの関係で女性に多い症状でもあります。

腱鞘炎とは筋肉が骨につく際に腱としてついていますが、その腱がずれないようにトンネルのようになっている腱鞘という所を通っています。

その腱鞘が筋肉の使いすぎなどによって筋肉とこすれ炎症を起こすことを言います。

今回は腱鞘炎の中でも多い親指に伸ばす筋肉に症状がでる【ドゥケルバン病】と指を曲げる筋肉に症状が出る【ばね指】の二つについてお話していきます。

ドゥケルバン病

痛みが出るのは主に手首の親指側で、腫れがあり物をつかんだり、握った際に痛みが出ることが特徴です。

20~30歳と50代の女性に多く発症すると言われています。女性は特に細かい作業や家事などで指を使用する頻度が高いことから多いと言われています。

腫れがあるので痛みが伴いますが指は日ごろからよく使うため安静にすることが難しく、痛みが落ち着きにくい部位でもあります。

また最近ではスマートフォンの使い過ぎによるドゥケルバン病の患者さんも増えており、比較的若い患者さんも増えています。スマートフォンを使用する際はメインで動かす指を定期的に変えたり使った指をストレッチするなどして症状が出ないようにしましょう。

ばね指

手のひらの付け根に圧痛や腫れなどが現れます。腫れた腱が腱鞘を通る際にひっかかり滑らかに通れなくなり、いきなりカクンと曲がることからばね指と呼ばれるようになりました。朝寝起きに痛みのある部位がこわばったり動かしにくくなることもあります。本のどの指にも起きる可能性はありますが,4指に多いともいわれています。

こちらはパソコン作業やピアノなど指を酷使するようなものでも起こると言われています。こちらも指を沢山使った後は指を軽くそらしながらストレッチするようにすることで発症を防ぐことが出来ます。

今回ご紹介したこの二つの症状ですが、関節リウマチや糖尿病、人工透析を行っている方は抹消の血行が悪くなるため発症しやすく治りにくいと言われているため注意が必要になります。

また、腱鞘炎も原因となる腱鞘を通る筋肉をしっかりほぐしてあげて動きをスムーズにしてあげることによって腱鞘への負担がへり治りやすくなるためマッサージがおすすめです。

日常的に使用することが多い指だけに小さい症状もほおっておかずに早めにケアや治療を行いましょう。

では今回もここでまで!

また次回のコラムでお会いしましょう!

 

 

腰痛治療院 恩‐ON‐  院長   竹内剛

著者 Writer

著者画像
院長:竹内 剛
(たけうち ごう)
取得国家資格:柔道整復師、鍼灸師

取得資格:日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(合格率10%ほどの難関資格)、
登録販売者(医薬品の95%の販売を行うことが出来ます)、
巻き爪認定セラピスト

趣味:食べ歩き、マンガ(抑制中)

得意な施術:腰痛、スポーツ外傷、肩の疾患(五十肩等)

ご来院される方へ一言:スポーツ障害はお任せください!!
 

当院のご紹介 About us

院名:腰痛治療院 恩-ON-
住所〒120-0034 東京都足立区千住3-35 ベル・ハイツⅡ 1階(千寿本町小学校前)
最寄:JR常磐線 北千住駅 西口から徒歩4分
地下鉄日比谷線 北千住駅 西口から徒歩4分
地下鉄千代田線 北千住駅 2番出口から徒歩4分
駐車場:無し(近隣にコインパーキング多数有り)
                                                                   
受付時間 日・祝
10:00~19:00

(19:00最終受付)
※予約優先制
定休日:無休(お盆・年末年始以外営業)

腰痛治療院 恩-ON- SNSアカウント運営中!

腰痛治療院 恩-ON- SNSアカウント運営中!

腰痛治療院 恩-ON-
フォローお願いします!

  • お得な情報配信中!
  • サービスのご案内などもしています
  • キャンペーン情報いち早くゲット!