年齢とともに注意が必要!変形性関節症って何?

/

その他

年齢とともに注意が必要!変形性関節症って何?

 

こんにちは!腰痛治療院 恩-ON-の院長の竹内です!

今回から変形性関節症についてお話ししたいと思います。

変形性関節症と聞くと少し難しく聞こえるかもしれませんが、簡単に言うと年齢と共に軟骨などがすり減り骨と骨がぶつかる事で変形してしまう症状のものを表します。

皆さんの周りにも、膝の軟骨がすりへって痛い!という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

変形性関節症はよく耳にする膝以外にも、股関節や肩関節、指の関節から足首どこの関節にも起こりうる症状です。

今回はどのような症状がでてどのように対応するのかなど、一般的に説明される変形性関節症の症状やその対処法などについてご説明します。

 

変形性関節症ってどんな状態?

骨と骨の間にあるクッションの役割の軟骨組織が、衝撃や長年の負荷により摩耗、変性する事で起こります。軟骨組織が薄くなる事により骨同士があたり骨棘と言われる棘が出来ると痛みなどの症状が出てきます。加齢に伴い症状が出てくることが多いです。

どんな症状がでるの?

一般的には痛みや腫れ、つっぱり感や引っ掛かりのような違和感などが出てきます。
それにより関節をしっかり曲げる事が出来なくなったり、負荷をかける事が出来なくなってきます。また、しっかり動かせる事が出来なくなる事により筋肉が固まりさらに動きが悪くなると言った悪循環に陥りやすいです。

治療や対処法は?

ただ軟骨がすり減っているだけでは痛みもなくすぐに治療ということはありません。
しかし骨同士がぶつかっていたりすると痛みも伴うため、ヒアルロン酸注射を行い骨同士がぶつかるのを和らげたりもします。また痛みや腫れなどが強い場合は痛みどめの注射を行う事もあります。しかし症状が悪化し対処療法でも改善が見込まれない場合は関節の置換術を行います。
私達のような治療院では関節に直接アプローチすることは難しいので、周囲の筋肉の状態を良くすることや筋力トレーニングなどで関節への負荷を抑えるように指導していきます。

すり減ってしまった軟骨が再び戻ることはありません。ですので早めの対処がその後の経過に大きく関わってきます。

初期症状は?自分で行う予防方法はあるの?などといったもう少し詳しいお話は次回からのコラムでお伝えしていければと思います。

では次回から変形性関節症の中でも多い、膝と股関節をそれぞれピックアップしてお伝えしていますのでお楽しみに!

では今回もこの辺で!

 

 

腰痛治療院 恩‐ON‐ 院長  竹内剛

著者 Writer

著者画像
院長:竹内 剛(たけうち ごう)
取得国家資格:柔道整復師、鍼灸師

取得資格:日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(合格率10%ほどの難関資格)、
登録販売者(医薬品の95%の販売を行うことが出来ます)、
巻き爪認定セラピスト

血液型:A型

出身地:大阪の藤井寺市
(大阪人っぽくないとよく言われます。笑)

趣味:食べ歩き、マンガ(抑制中)

目標:どんな症状でも改善出来る治療家

得意な施術:腰痛、スポーツ外傷、肩の疾患(五十肩等)
 

当院のご紹介 About us

院名:腰痛治療院 恩-ON-
住所〒120-0034 東京都足立区千住3-35 ベル・ハイツⅡ 1階(千寿本町小学校前)
最寄:JR常磐線 北千住駅 西口から徒歩4分
地下鉄日比谷線 北千住駅 西口から徒歩4分
地下鉄千代田線 北千住駅 2番出口から徒歩4分
駐車場:無し(近隣にコインパーキング多数有り)
                                                                   
受付時間 日・祝
10:00~19:00
最終受付
(それ以降は応相談)
-
※予約優先制 定休日:火曜日(日曜・祝日営業)

腰痛治療院 恩-ON- SNSアカウント運営中!

腰痛治療院 恩-ON- SNSアカウント運営中!

腰痛治療院 恩-ON-
フォローお願いします!

  • お得な情報配信中!
  • サービスのご案内などもしています
  • キャンペーン情報いち早くゲット!