変形性関節症【股関節編】

/

その他

変形性関節症【股関節編】

 

こんにちは!腰痛治療院 恩-ON-の院長の竹内です!

では前回、前々回に引き続き今週も変形性関節症についてお話しましょう!

今回は股関節編です。ではさっそく行きましょう!

原因

基本的な原因は膝など他の変形性関節症と同じです。
しかし老化や肥満の他に股関節は大きな原因がもう一つあります。
それは関節を形成している骨盤の臼蓋と言われる大腿骨と繋がっている受け皿が、生まれつき浅い臼蓋形成不全という症状があり子供のころに股関節脱臼をしていた方は若い方でもなると言うことです。
臼蓋形成不全痛みがあるわけではなく他の症状でレントゲンを撮って初めてわかった人もいるくらい自覚しにくいものになっています。特に女性に多いので女性の方は気をつけましょう。

 

症状

こちらも膝と同様に初動作痛がメインになります。しかし膝よりも関節周囲の筋肉が多いため少し気がつきにくい事もあり、最初はなんか引っかかる、歩きづらい気がするなどの違和感から始まる方も多いです。特に股関節を深く曲げるしゃがむような動作で違和感が出る方が多いです。また両脚の長さに差が出てくるといった事もあるのでお尻や太ももの上あたりに違和感や痛みがあり脚の長さが違う気がするなどと感じた時には病院を受診しましょう。

 


股関節の変形を予防するためにも周囲の筋肉を鍛え関節へ負荷与えないようにする事と体重を増やさない事が大切になります。

ですのでやはりプールでのウォーキングはとても効果的です。

周囲の筋肉を鍛えるために筋力トレーニングも効果的ですが、臼蓋形成不全が原因の方は股関節が脱臼しやすい体勢があるためご自身の判断でトレーニングやストレッチを行うのはおすすめ出来ません。

また大きな筋肉が関節周囲に多い事もあり、人工関節の手術を行う場合、膝の置換術よりも股関節の置換術の方がリハビリをしっかり行えば経過がいいと言われています。

痛みや違和感がある方はお一人で悩まず、まずは痛みや違和感が出たときほおっておかずにすぐに病院を受診しましょう。

私は変形性関節症の患者様を多く施術してきました。

とても鍼灸マッサージは効果が高く術前、術後どちらも行うと痛みが出る前と同じように生活できる方も多く見てきました

その経験から得た鍼灸ではどのようにアプローチできるのかを次回はお伝えできればと思います。

楽しみにお持ちいただけると嬉しいです!

ではまた次回お会いしましょう!

 

 

 

腰痛治療院 恩‐ON‐  院長   竹内剛

著者 Writer

著者画像
院長:竹内 剛
(たけうち ごう)
取得国家資格:柔道整復師、鍼灸師

取得資格:日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(合格率10%ほどの難関資格)、
登録販売者(医薬品の95%の販売を行うことが出来ます)、
巻き爪認定セラピスト

趣味:食べ歩き、マンガ(抑制中)

得意な施術:腰痛、スポーツ外傷、肩の疾患(五十肩等)

ご来院される方へ一言:スポーツ障害はお任せください!!
 

当院のご紹介 About us

院名:腰痛治療院 恩-ON-
住所〒120-0034 東京都足立区千住3-35 ベル・ハイツⅡ 1階(千寿本町小学校前)
最寄:JR常磐線 北千住駅 西口から徒歩4分
地下鉄日比谷線 北千住駅 西口から徒歩4分
地下鉄千代田線 北千住駅 2番出口から徒歩4分
駐車場:無し(近隣にコインパーキング多数有り)
                                                                   
受付時間 日・祝
10:00~19:00

(19:00最終受付)
※予約優先制
定休日:無休(お盆・年末年始以外営業)

腰痛治療院 恩-ON- SNSアカウント運営中!

腰痛治療院 恩-ON- SNSアカウント運営中!

腰痛治療院 恩-ON-
フォローお願いします!

  • お得な情報配信中!
  • サービスのご案内などもしています
  • キャンペーン情報いち早くゲット!